東大生ブログランキング 入試本番を迎える君へ | 東大生の受験ジム

Just another WordPress site

入試前日に見ておくべき記事

2020/02/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

どうも、駒場太郎です。

冬の風物詩、国公立大学の受験。

おそらく本命の受験校である人が多いでしょう。

 

まだ気を抜いてはいけません。

もちろん、努力したことは完全に無駄にはなったりはしませんが、やはり本番であなたの実力を出し切りたいですよね。

本来は優秀なのに、当日実力を出せずに落ちる人はたくさん見てきました。

 

あなたも実力が出せるか不安だったりしませんか?

 

少しでも不安が和らぐように、少しでも失敗する確率を減らすために、

今回は本番前に知っておいて欲しいことを3つ紹介したいと思います。

 

眠気対策

 

試験中に眠くなったら最悪です。

集中できません。

 

「俺は眠くならない!」

なんて驕らない方が良いですよ。

俺も「試験で眠くなるとかありえない」って思ってましたが、センター国語で寝落ちしかけました。

人生で初めて試験で眠くなったので焦りは半端なかったです。

どんなに気を張っていても眠くなる時は眠くなります。

 

まず、前日はしっかり寝ましょう。

いつもより2時間早くベッドに入ってもOKです。

 

緊張でなかなか寝付けないってこともあるかと思います。

前日に不安になり夜遅くまで勉強したくなる気持ちは分かりますが、睡眠不足になって実力が出せなくなったら元も子もないですよね。

今まで勉強してきた自分を信じて就寝しましょう。

 

また、おすすめしたいのは昼休みの昼寝です。

昼ごはんを食べた後は急に眠気が襲うからです。

学校の5時間目は眠かった人も多いでしょう。

 

ただ、眠気対策としてコーヒーやエナジードリンクを飲むのはやめた方が良いです。

利尿作用があるので試験中にトイレに行きたくなってしまいます。

貴重な試験時間を無駄にしてしまうので注意してください。

ちなみに俺はセンターの数2Bの前にミルクコーヒーを飲んでしまい、案の定途中でトイレに行きたくなってしまいました。

 

当日も勉強

 

昼寝をした上で、他の時間は勉強に当てましょう。

決しておしゃべりや、lineなどに費やさないでください。

 

よく、休み時間に友達同士でおしゃべりする受験生がいますが、愚の骨頂。

「あの問題できた?」「問3ってウだよね?」

とか話してても1点も上がりません。

むしろ、そこで友達と答えが違ったら不安になって次の科目に悪影響を及ぼします。

 

それでも、「友達と話してないと緊張するよ」

って人がいるかもしれません。

 

でも、休み時間も勉強してやり切った感がある方が、覚悟が決まって程よい緊張感で試験に臨めます。

最悪、緊張していてもちゃんとペンは動きます。

安心して緊張していてください。

 

ですので、とにかく「次の科目の点を上げること」だけに集中しましょう。

案外休み時間って長いです。

東大の入試の休み時間は2時間近くあったので、十分勉強できました。

 

しかも、直前に見た内容って一番覚えていますよね。

この時間を勉強しない手はないです。

せっかくここまで頑張ったんですから、当日も妥協しないでください。

公式や、知識などを最終点検しましょう。

計算練習しても良いと思います。

 

最後の詰めが甘い受験生は足元すくわれます。

冷静に考えて勉強できるのもあと数時間。

後悔しないようにしましょう。

 

イメージトレーニング

 

あたふたしてしまう原因の一つに、「普段見慣れない場所に行くこと」があります。

スポーツ選手でも、ホームとアウェイではパフォーマンスに違いが出ると言われてます。

 

ですので、入試で初めて会場に行くって人は要注意です。

できれば下見に行くと良いでしょう。

会場が遠くて見に行けないって人や、見に行く時間がない人は、youtubeなどに入試本番の様子が撮影されてたりするので見てみると良いでしょう。

動画もなければ、google map で会場の周りの景色を眺めておくだけでも変わります。

 

本番当日、試験会場に向かう自分を想像し、イメージトレーニングをしてみてください。

イメージトレーニングで大切なのは、うまくいってる自分だけを想像しないことです。

・めちゃくちゃうまくいっている自分

・可もなく不可もなくな自分

・最悪な状態に陥っている自分

 

この3パターンをリアルにイメージトレーニングしておいてください。

本番、どのパターンになっても

「はいはい、このパターンね」

と落ち着いて対処できます。

 

今回は以上です。健闘を祈ります。

この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東大生の受験ジム , 2019 All Rights Reserved.