東大生ブログランキング

Just another WordPress site

東大生ブログランキング

センターパック(予想問題)は解くべきです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在は東大獣医学科で勉強しながら、ブログやYoutubeで情報発信しています。

どうも、駒場太郎です。

今回はセンターパックを解くべきかどうか、ついてです。

 

結論から言うと、センターパックは解くべきです。

さっそく詳しく解説していきます。

 

センターパックとは

 

 

「センターパックってなんだよ」

って人向けにまずはセンターパックの解説から。

 

センターパックとは、各予備校が販売しているセンター試験の予想問題のことです。

全ての教科の予想問題が1セットずつ入っています。

また、マークシートもしっかりとしたものがついてきます。

つまり、実際のセンター試験とほぼ同じようなものが入っているというわけです。

 

センター試験の予行演習になる

 

上記のように、実際のセンター試験とほぼ同じセットができるので、

あなたは自宅や自習室でセンター試験の予行演習ができます。

 

センター試験は、現役生にとっては初めて受ける入試であることが多いですよね。

センター試験が実際にどんなものなのか知り、慣れておく必要があります。

慣れていないと、いつも通りの実力が出せないなんてことも。

 

ですので、センターパックを解くときは、

実際のセンター試験と同じ時間割で解くことをオススメします。

また、環境も実際のセンター試験に寄せた方が良いです。

自宅のようにリラックスできる場所でなく、自習室や図書館など人がたくさん勉強している場所でといてください。

私の通っていた高校では、年末に学校の教室に集まって一斉にセンターのパックを解くと言うことをしていました。

緊張感が出るので是非やってみて下さい。

 

駿台が年末に自習室を解放していて、そこで駿台のパック(通称青パック)を解くと言うイベントを開催しています。

駿台生でなくても参加できるので、参加してみると良いと思います。

 

センター試験はミスが命取り

 

なぜそこまでセンター試験は予行演習が大事かと言うと、

センター試験は慣れていない受験生に不親切だからです。

 

センター試験は罠だらけなんです。

 

したがって、今までセンター模試やセンターの過去問を解いてきた人でも、

形式慣れしていて不利になることもないので入念に準備してください。

 

また、センター試験は国公立志望(特に医学部)の人やセンター利用を狙っている人にとっては非常に大事ですよね。

絶対に失敗できません。

私が浪人していた時に国立医学部志望の友人がいたのですが、

センターで失敗してしまい泣く泣く私立に切り替えた人がいました。

 

センターで絶対に点数が欲しい人は、準備をし過ぎて損することありません。

しかも、センターで良い点を取ると、その勢いで二次試験の勉強のやる気が出るのでオススメです。

 

駿台と河合塾がオススメ

 

大手予備校のセンターパックはかなり有名です。

特に駿台河合塾が人気でしょう。

 

したがって、このあたりの予備校のセンターパックは多くの受験生が使います。

これだけでも、あなたはこれらのセンターパックを使う価値があります。

 

どう言うことかと言うと、

駿台や河合塾のセンターの予想問題が本番的中した場合を考えます。

(予備校の予想問題は、予備校の威信をかけて作っています。

何が何でも的中させてやろうとしているのでかなり予測力が高いです。)

もし、あなたがそれを知らなかったとするとかなり損をします。

その分ほとんどの受験生と差を付けられれしまうわけです。

 

つまり、みんながやっていることを同じようにやる、というのは

ある意味保険をかける効果があります。

 

また、難易度も駿台や河合塾がちょうど良いですね。

毎年、本物のセンター試験とほぼ同じ難易度のセンターパックを作っています。

逆にZ会のセンターパックは難し過ぎるので避けたほうが良いです。

 

そんなわけで、これを読んでいるあなたにあまり時間が無いとしても、

駿台河合のどちらかのセンターパックは解くことをオススメします。

 

まとめ

 

以上のことから、

センターパックを解くことはセンター本番の良い訓練になるということ。

センターパックは駿台や河合塾のものをやると良いということが分かります。

 

それではセンターの勉強頑張ってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在は東大獣医学科で勉強しながら、ブログやYoutubeで情報発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東大生の受験ジム , 2019 All Rights Reserved.