東大生ブログランキング センター地理B勉強法【時間が無い理系のために】 | 東大生の受験ジム

Just another WordPress site

センター地理B勉強法【時間が無い理系のために】

2019/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

どうも、駒場太郎です。

 

台風19号が猛威を振るっていますね。

全国の人が台風という一つにことに注目するのはなかなか面白いです。

ですが、受験生は変わらず頑張っていきましょう。

こういう周りが浮かれてる?時に差をつけるんです。

 

さて、先日センター地理のオススメ参考書を紹介しました。

しかし、皆さん疑問に思うと思います

 

「参考書は手に入ったけどどうすりゃいいんだよ」

 

そうです。肝心なのは参考書ではなく勉強法です。

 

今回は時間が無い理系のために、超効率的な勉強法を公開しようと思います。

 

思考法1 暗記2

 

まず、誤解して欲しく無いのが、

地理も暗記は必須

だということです。

 

確かに、日本史や世界史と違って暗記量も少ないですし、思考的な要素も多いですが、

8割、9割を安定して得点するには暗記はせざるを得ません。

 

思考法は、直前30日で9割取れるセンター地理B

暗記は、間違えやすい地理B用語をセットで覚える本

をベースに勉強すると良いと思います。

 

地図を書こう

 

地理限定の楽しい勉強法を紹介します。

 

それは、

地図を手作りする方法です。

 

自分で地図を手書きで描いて、色を塗ったりします。

 

例えば、アメリカの産業がどの辺でどんなものが盛んなのか、などを

色分けしたりします。

 

これだけ読むと

「バカにすんな、こっちは時間が無いんだ!」

 

と、顔を真っ赤にする人もいるかもしれませんが、

この勉強法、効果的なんです。

 

普段数学や物理を勉強していると、

黒いシャーペンで数式を描いたりするだけだと思いますが、

この勉強法ではカラフルなペンをたくさん使うのでとても新鮮です。

 

新鮮だということは頭の中に入ってきやすいってことなんですね。

 

しかも、視覚的に情報が入ってきやすいので、ただ文字を描くよりも記憶に残ります。

 

また、絵を描くことはシンプルに楽しいので、他の科目の勉強の息抜きになりますね。

やってみるとやみつきになりますよ。

 

センター試験の直前期って受験生みんな焦ってきて、心の余裕がなくなりがちですが、

この勉強法を取り入れることで心の平穏を保ってください。

 

さらに、地図を描くことの最大のメリットはルーズリーフ勉強法が使えるってことなんです。

ルーズリーフ勉強法に関しては詳しくはこの記事に書いてあります。

簡単に説明すると、ルーズリーフをクリアファイルなどに入れて、

トイレお風呂などに貼っておくことで

隙間時間を暗記にあてることができます。

 

トイレで用を足している間にアメリカの産業分布を暗記してください。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

センター地理は思考+暗記であることを意識し、

そして、お絵かきによって効率的に暗記してください。

 

地理なんて速攻で9割とって、二次試験の勉強に集中しましょう。

 

では。

この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東大生の受験ジム , 2019 All Rights Reserved.