東大生ブログランキング センター試験2週間前にやるべきこと | 東大生の受験ジム

Just another WordPress site

センター試験2週間前にやるべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

どうも、駒場太郎です。

今年のセンター試験まであと約2週間となりました。

年が開けるとセンター試験なんてあっという間ですね。

 

というわけで今回はセンター試験二週間前にやるべきことを3つ紹介します。

・まだ点数を伸ばすことを考える

・全ての科目を伸ばすことを考える

・計画を見直す

 

順に深掘りしていきます。

 

まだ点数を伸ばすことを考える

 

まだ点数を伸ばすことを考える姿勢は大切です。

「そんなの当たり前じゃん」

って思うかもしれませんが、意外とできていない受験生は多いです。

 

「直前に何やっても結果は変わらない」

「直前期は勉強はほどほどにしてメンタルや体調を整えるべき」

こういう弱気な思考をしてしまう受験生がいますね。

正直「逃げ」思考に入ってしまっていると思います。

 

気持ちはよく分かります。

直前期はゆっくり休もう、と言われれば安心しますよね。

重圧の中勉強していれば、悪魔の囁きに耳を傾けたくなるものです。

 

しかし、やはり入試直前期であっても攻めの姿勢はあって良いと思います。

直前に覚えたものは一番記憶として鮮明ですので、がむしゃらに点数を最大化するべきです。

 

ましてや、勉強の手を止める理由はありません。

勉強を休んでも、結局罪悪感や焦りが後から襲いかかります。

メンタルを安定させたいなら、いつも通り勉強をするのが良いと思います。

 

とは言え、例外が存在します。

それは、「すでに自分のセンターの得点が基準を超えており、二次試験勝負である大学の受験生」

 

こういう受験生は下のようなことを優先させた方が良い場合もあります

・二次試験対策も並行してやる

・センター試験で失点しないことを考える(数学の問題用紙を裏返すなどの作戦を立てる)

 

全ての科目を一度点検しておく

 

センター二週間前になったら、一度全科目のチェックをしてほしいです。

理由としては以下の2つがあります。

・全科目の点検は時間的にラストチャンス

・その後安心して苦手科目の勉強に入れる

 

センター1週間前にはほぼほぼ仕上げていてほしいので、全科目のチェックはこれがラストと言いて良いです。

あとで後悔しても遅いので、勇気を持って一旦立ち止まりましょう。

 

また、総点検をすることで、その後の勉強に安心して取り組めます。

直前期になって色々な科目の不安が出てくると、勉強に集中できませんよね。

ここで問題点をあぶり出し、不安を解消するという意味でもとても意味のあることだと思います。

 

ではどんな感じでやるか。

 

たとえば、あなたが数学、英語が得意で、国語が苦手だとします。

今までは国語の弱点克服のために国語の過去問などをガンガンこなしてきたかもしれませんが、

ここで一旦英語や数学に目を向ける、ということをして欲しいんです。

もう大丈夫って思った科目でも、弱点が見つかったりするのでここで最終確認します。

 

「めちゃくちゃ時間かかってやばいでしょ」

そう思うかもしれませんが、得意科目はすでに全体像が見えていたり、弱点が少なかったりするので、

そこまで時間はかかりません。

 

得意科目の意外な弱点が分かったら、サクッと潰して苦手科目の勉強に取り組みましょう。

 

計画を見直す

 

先ほど説明した、全科目のチェックをしたら自分の実力がよりクリアに見えてくると思います。

思ったより自分ができていたり、できなかったりとマチマチでしょうか。

そうしたら、残りの14日間の計画を作り直すと良いですね。

今まで作った計画があるかもしれませんが、ここで一旦落ち着いて練り直しましょう。

 

もう残りの日数も少ないので、仕上げを重視した計画が大事です。

たとえば、

「過去問を5年分こなす!」 のような演習に偏るのではなく、

「用語を全て覚えて、抜けがないようにする」 のような勉強計画が良いと思います。

 

ゴールはもう見えているので、それに間に合わせてシュートする、という意識が大切ですね。

 

闇雲に問題を解く時期ではありません。

 

それでは今回は以上です。

センター試験あと2週間踏ん張ってください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東大生の受験ジム , 2020 All Rights Reserved.