東大生ブログランキング 微積物理は不要(東大入試にも不要) | 東大生の受験ジム

Just another WordPress site

微積物理はいらない(東大入試にも不要)

2020/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

どうも、駒場太郎です。

 

もう11月ですが、この時期はセンター試験をだんだん意識してくる時期なのではないでしょうか。

もちろん、二次試験対策も並行してがんばってほしいところですが、

そろそろセンターのことも考え始めても良いでしょう。

 

さて、今回は予備校界では有名な微積物理、について話していきたいと思います。

 

微積物理とは

 

まず、聴き馴染みのない人もいると思うので、

微積物理とは何か、について話します。

 

微積物理とは、その名の通り微分積分を使って物理現象を理解し問題を解くというものです。

 

本来、微分積分とは物理のために作られたと言われています。

ですので、物理において微分・積分を使うのは至極真っ当なことであると言えます。

事実、大学に入ると物理では微分・積分が当たり前のように使われます。

 

ここまで話すと、

「じゃあ物理で微積使った方は良いじゃん」

と思うかもしれませんね。

 

微積物理は不要

 

結論から言うと、微積物理は不要です。

 

なぜなら微積を使わなくても簡単に問題が解けるからです。

確かに、問題によっては微積を使った方が簡単に解けることもあるかもしれませんが、

微積を使わない方が短時間で解けるっていう問題の方が多いです。

 

なんでかっていうと、微積物理は高校の範囲外なため、大学は

微積を使わない前提で問題を作るからです。

 

大学の教員はもちろん微積物理を知っているため、

微積物理で簡単に問題を解こうとする人を弾こうとします。

 

高校物理自体そんなに高度な計算を要求するものではないので、

教科書通りのやり方で問題を解くのをオススメします。

 

事実、私は微積を使わずに東大を受験しましたが、

物理は本番の2回とも40点は超えましたし、

過去問でも45点前後は取れていました。

 

東大は素直な計算で解ける問題を多く出す印象があるので、

東大志望は特に微積なんかに手を出さない方が良いと思います。

 

なぜ微積物理が流行っているのか

 

これは私の説ですが、ここまで微積物理が流行っているのは、

Sのせいだと思います。

 

 

世の受験生はS台の戦略にハマっているわけです。

やはり大手予備校は商売がうまいですね。

 

S台の偉そうな物理講師が、

さも裏技かのように微積物理を教えるせいで

受験生は微積物理をありがたがってしまいます。

 

大手予備校は講師の権威性をアピールするのがうまいため、

生徒は簡単に騙されてしまいます。

 

でも、このブログの読者は騙されないでくださいね。

なんども言いますが微積物理は不要です。

 

むしろ、普通に解いた方が良い点数が取れますし、時間もかかりません。

東大や慶応など、物理化学を同じ時間で解かなきゃいけない大学を受ける人は、

物理だけに時間をかけるわけにはいきません。

 

河合塾の参考書がオススメ

 

では、物理をどう学習したら良いのか。

 

私は河合塾の参考書で勉強することをお勧めします。

決して河合塾からお金はもらっていません。

 

実際に私は物理のエッセンス名問の森で勉強し、東大に受かりました。

これらを使えば、基本的には高校物理のほとんどは理解できますし、

交流などの分からない分野は宇宙一わかりやすい高校物理を読みました。

 

どの参考書も微積物理は使っておらず、非常にわかりやすいので

誰にでも使いこなせる参考書だと確信しています。

 

まとめ

 

以上、受験物理業界に潜む魔物、微積物理がいかにいらないものなのかを解説してきました。

 

物理は、教科書通りの解き方で簡単に短時間で高得点が取れる科目です。

皆さんは正攻法で解いてください。

 

では。

この記事を書いている人 - WRITER -
駒場太郎
高校3年生の冬、東京大学理科2類を受験するも大差で不合格。ここで初めて勉強に対する意識を変えることになりました。 浪人生となり河合塾に通うが、独学をベースとして東大の理科2類に合格しました。 現在はブログやYoutubeで情報発信しています。

Comment

  1. アバター Hiro より:

    コメント失礼します。数Ⅲには、速度、加速度、道のり、曲線の長さ、微分方程式があるのですが、これらってやらないといけないんですか?それとも、どちらでもいいんですか?(若干この記事に関係ない分野が含まれていますが・・・)

    • 駒場太郎 駒場太郎 より:

      Hiroさん
      微分方程式以外はやっておいた方が良いと思います。
      微分方程式は範囲外ということになっていますが、大学によっては出題する場合があるようなので、志望校の過去問を確認してみてください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東大生の受験ジム , 2019 All Rights Reserved.